皮膚科で処方してもらうシミ消しクリームの注意点


お肌にできてしまういやな肌トラブルの中でも、特にシミは目立っていやなトラブルとなってしまいます。
お肌にシミができてしまうと、とても目立ってしまいますし、老けて見られてしまうというデメリットがあります。
ですのでそんなお肌にできてしまう肌トラブルの一つ、シミを改善させるためには皮膚科を受診するという方法があります。
通常の皮膚科や美容皮膚科、どちらでもシミに対しての診察を行ってくれます。
ひどいシミである場合には美容皮膚科のほうが専門的な知識がありますのでお勧めですね。

シミ消し効果のあるクリームの処方

皮膚科を受診したことで行うこととなるシミ治療のひとつにシミ消し効果のあるクリームを処方してもらうという方法があります。
皮膚科で処方してもらうことができるシミ消し効果のあるクリームにハイドロキノンがあります。
ハイドロキノンは非常に効果の高いシミ消しクリーム、外用薬ではありますが、副作用があるという一面も持っています。
ですので、皮膚科で処方してもらうことが一番安心して使用することができます。

ハイドロキノンが配合の市販薬を購入するときの注意

市販薬としてハイドロキノンが配合されている美白化粧品なども販売されています。
ですがそういった製品はやはり安心感としては不安な面もあります。
副作用が出てしまう可能性があるからです。
市販薬を使用する場合には、パッチテストを行い注意点をしっかり守ることが重要です。

ハイドロキノンが配合されている濃度にも注目しましょう

それにまたハイドロキノンが配合されている濃度についてですが、市販のものはハイドロキノンの濃度は1%から4%でないといけないという決まりがあります。
ですので効果のほうも限られます。
ですが皮膚科で処方してもらうハイドロキノンに関しては濃度はそれ以上の物も可能なんですね。
それに医師による判断によって処方してもらうから安心して使えるというメリットもあります。
ですから美白に対して非常に高い効果を持っているハイドロキノンを使用する場合には市販薬を購入するよりも皮膚科を受診して処方してもらうことがお勧めなんです。

レーザー治療も高い効果が得られます

また皮膚科を受診した場合には、外用薬の処方で直していく方法だけでなくレーザー治療などの治療方法で治療をするという方法での改善も可能です。
気になるシミを早く治したい、即効性を期待しているという方にはレーザー治療のほうがお勧めすることができるかもしれません。
レーザー治療をする場合には保険は適用されませんからどうしても高額にはなってしまいますが非常に高い効果を得ることができます。
皮膚科でシミ消しクリームを処方してもらってからレーザー治療を考えるとよいでしょう。